失敗しないマンション投資の始め方|資産を有効的に活用

男性

常に空室リスクを考えよう

通貨

エリアに注意しよう

マンション投資で失敗しないためには空室リスクを極力小さくしておくことが重要です。空室リスクを小さくするにはいくつかの方法があり、これら全てをできる限り行っていくことでマンション投資での失敗が遠ざかっていきます。その1つ目はエリア選択です。最近では、投資用の中古ワンルームマンション等をインターネットで簡単に検索できるようになりました。ソート機能も充実しており、利回りや販売価格で検索できる不動産投資サイトも数多くあります。しかし、利回りが高いから優良な投資物件というわけではありません。むしろ、利回りが高いということは空室リスクも高いという意味を含んでいる場合が多いです。これを確認するための目安がエリアです。

トータルで考えよう

もしも郊外の物件であれば警戒しましょう。一旦、空室になると次の入居者がなかなか見つからない可能性があります。エリアは都市の中心部に限ることがマンション投資におけるセオリーです。失敗を避けるための2つ目の手段は、複数物件への投資です。つまり、一部の物件の空室を他の物件がカバーできるような体制を作っておくことでマンション投資全体として失敗を回避できるようになるのです。空室を回避するためのこれらの条件を満たしている投資商品があります。それが上場不動産投資信託です。もしも、中古ワンルームマンション等の収益物件を探している時間がないようであれば、上場不動産投資信託に投資をするというのも1つの方法です。マンション投資と同じ成果を得ることができます。

費用は変動する

貯金箱

近年のタワーマンションは、共用施などが充実しており管理費の相場の中でもトップクラスに高いです。今後も都心を中心にタワーマンション建設が進められていき、マンションの地域や階層によっても管理費の差が出てくると予想されます。

賃貸経営を検討する

集合住宅

賃貸経営においては、住んでいない地域においても賃貸管理などを業者に任せる事で行える可能性があり、今後需要が増えていく可能性があると言えるかもしれません。注意したい事としては、賃貸管理を業者に全て任せないようにした方が良いと言う事でしょう。

売却の部分

案内

マンション経営を始める際は、売却の事をもしっかりと考えて行動をするようにしましょう。最初のマンション購入の段階からしっかりと考える事ができていれば、売却の値段も高くなり最後まで納得の行くマンション経営をする事ができます。